メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016年民進党代表選

野党共闘で温度差 蓮舫氏「継続」、前原氏「リセット」、玉木氏「一線画す」

民進党代表選に立候補し、記者会見冒頭で握手を交わす(左から)蓮舫氏、前原誠司氏、玉木雄一郎氏=東京都千代田区の日本記者クラブで2日、後藤由耶撮影

 民進党代表選が告示された2日、蓮舫代表代行(48)、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)の3氏の論戦が始まった。次期衆院選に向けた共産党との共闘を巡っては、蓮舫氏が基本的に岡田克也代表の路線を継続する考えを示したのに対し、前原氏は「リセットする」と主張。玉木氏は「一線を画す」と訴えた。

 新代表の任期は2019年9月末まで。現在の衆院議員任期が18年12月までのため、基本的に次期衆院選…

この記事は有料記事です。

残り1940文字(全文2143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです