連載

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに取材を続けている伊藤智永編集委員が、政治を「座標軸」に鋭く論じます。

連載一覧

時の在りか

2・26事件から80年の夏=伊藤智永

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「陛下 なぜもっと民を御らんになりませんか/国民は、陛下をおうらみ申す様になりますぞ/御皇運の果てる事も御座ります」

 「何と云(い)う御失政でありますか、何と云うザマです、皇祖皇宗に御あやまりなされませ」

 80年前の夏、2・26事件の首謀者、磯部浅一は、クーデター失敗から4カ月余りで同志の大半が処刑されたのに憤激し、酷暑の獄中で鬼気迫る日記をつづった。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文1851文字)

あわせて読みたい

注目の特集