メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害対応限界集落

紀伊半島豪雨から5年/中 追いつかぬ土砂除去 度重なる台風、高まる危険

奈良県十津川村・栗平の土砂ダム。右側の山腹が崩れ、川をせき止めた=2012年9月撮影、紀伊山地砂防事務所提供

 「昔は子供たちが岸から飛び込んで遊んでたんやけどねえ」。熊野川の支流、神納(かんの)川沿いにある奈良県十津川村五百瀬(いもぜ)地区。54年前に教員として村に赴任して以来、この地に暮らす鎌塚伊久子さん(76)は川を見てつぶやいた。かつては水面から数メートルの高さだったという岸の岩場は今、人の目線より低い位置にある。

 奈良県河川課によると、5年前の紀伊半島豪雨では、神納川上流で大規模な土砂崩れが起き、長さ約3キロの…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです