台風10号

鉄道網寸断、復旧難航 特急運休や貨物滞留 JR北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
札幌貨物ターミナル駅に留め置かれるコンテナ=札幌市白石区で2日、武市公孝撮影
札幌貨物ターミナル駅に留め置かれるコンテナ=札幌市白石区で2日、武市公孝撮影

 JR北海道は2日、相次いだ台風の被害や復旧見通し状況を発表した。路盤が流出した石北線は10月中旬に仮復旧させる一方、複数の橋が流失した根室線や石勝線は「被害が甚大で再開のめどが立たない。何カ月とはっきり言える状況にない」と明らかにした。鉄道網の寸断で、札幌市白石区の札幌貨物ターミナル駅には多数のコンテナが滞留している。【藤渕志保、立松敏幸】

 被害が確認されているのは、橋の流失や土砂の流入があった根室線▽路盤が流出した石北線、石勝線▽倒木があった函館線など6路線。状況確認できていない箇所もあり、JR北は「さらに被害が判明する可能性もある」としている。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文675文字)

あわせて読みたい

注目の特集