メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花燃ゆ

銅像、やっと完成 寄付金不足で5カ月遅れ

楫取素彦らを顕彰する銅像「楫取素彦と松陰の短刀」。右から新井領一郎、楫取素彦、寿、星野長太郎。左奧は功徳碑=前橋市大手町3の前橋公園で、尾崎修二撮影

 昨年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に登場した初代群馬県令(知事)の楫取素彦(かとりもとひこ)(1829〜1912年)らを顕彰する銅像「楫取素彦と松陰の短刀」が、群馬県前橋市の前橋公園の芝生広場にある楫取の功徳碑の隣に設置された。寄付金不足で当初の予定から5カ月遅れでようやく完成した。8月21日の除幕式に合わせ、吉田松陰ゆかりの短刀が前橋市に寄託され、市は今後一般公開する方針。

 銅像は、楫取▽最初の妻で松陰の妹寿(ひさ)▽製糸場を経営した星野長太郎、弟新井領一郎(現桐生市出身…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです