日露首脳会談

よろい、かぶとと刀を交換

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ウラジオストク前田洋平】安倍晋三首相とプーチン大統領は2日の夕食会で、それぞれよろい、かぶとと刀を記念品として贈呈した。日本側は戦国武将をイメージしたよろいとかぶとを用意、ロシアからは1928年の昭和天皇の即位の礼で用いられたとされる刀が贈られた。

 プーチン氏が「よろい、かぶとを身につけて仕事を…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

あわせて読みたい

ニュース特集