ソフトバンク

同性パートナー容認 来月から社内で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ソフトバンクは配偶者に関する社内規定を変更し、同性パートナーを家族として認める方針を固めた。同性パートナーでも慶弔見舞金や休暇などの福利厚生が受けられるようになる。性的少数者(LGBTなど)の権利保障を充実させ、多様な人材が働きやすい会社を目指す。

 ソフトバンクは携帯電話の家族割引の対象に同性パートナーを含めており、約1万8000人の社員を抱える同社の社内規定についても変更を検討していた。新しい規定では、配偶者に同性パートナーが含まれ、LGBTなどの当…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集