メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

さいたま「大宮盆栽村」 日本が誇る美意識、体感 外国人も注目の伝統文化 /東京

外国人観光客も多く訪れる大宮盆栽美術館=さいたま市北区で

 2020年東京五輪・パラリンピックを前に、外国人観光客を呼び込む伝統文化の一つとして盆栽に注目が集まっている。さいたま市北区にある通称「大宮盆栽村」には、歴史ある盆栽園が集まり、国内外の観光客を楽しませる。洗練された盆栽が並ぶ庭園を散策し、日本が誇る美意識に触れた。【鈴木梢】

 JR宇都宮線の土呂駅で電車を降り、閑静な街並みを南に向かうと、幾度も外国人観光客とすれ違う。まず、さいたま市大宮盆栽美術館に立ち寄った。6年前にオープンした世界初の盆栽専門の公立美術館だ。

 館内には、日本を代表する盆栽の名品や歴史・民俗資料などが展示されている。案内してくれた学芸員の林進…

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文1913文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです