「オヤノミカタ」プロジェクト

新しい育児支援 仕事中毒だった元主夫が情報発信 親と子に優しい商品紹介 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「オヤノミカタ」で取り扱っている商品と松井知敬さん=大津市で、田中将隆撮影
「オヤノミカタ」で取り扱っている商品と松井知敬さん=大津市で、田中将隆撮影

オンラインストアなど展開

 IT業界や広告代理店でのワーカホリック(仕事中毒)な生活の後に主夫を経験した3児の父、松井知敬さん(38)=大津市=が、インターネットやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した新しい子育て支援の道に取り組んでいる。名付けて「オヤノミカタ」プロジェクト。子育てに役立つ情報を公式サイトやSNSで発信中で、フォロワー(閲覧登録している人)は延べ1万人を超える。理念に賛同した企業の商品のオンライン販売も始め、広がりを見せている。

 活動は、松井さんを代表に据え、プロのライターや写真家、デザイナーなど5人ほどが中心となっている。今年3月からオンライン上に「オヤノミカタSTORE」を運営し、育児に関する情報も掲載している。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1091文字)

あわせて読みたい

注目の特集