メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旬!ひと・グループ

県身障者フライングディスク連盟会長 越智義則さん /愛媛

愛媛県身障者フライングディスク連盟会長の越智義則さん。妻・眞知子さんも左の手足が不自由。「障害者同士だからこそ互いに理解し、助け合える」=愛媛県西条市神拝甲で、黒川優撮影

 直径23・5センチ、重さ約100グラムのプラスチック製円盤を投げ、5メートル先の円形ゴール(直径91・5センチ)を通過させるフライングディスク競技。今年5月、西条市や新居浜市、今治市などの選手約20人に呼びかけて連盟を設立した。「来年10月に愛媛で開かれる全国障害者スポーツ大会に向け、選手同士で高めあえたら」

 1歳で患った病原性小児まひの影響で、左脚が右脚より約7センチ短く、細い。不安定ながら自力で歩けるが、数百メートルも歩くと息が切れる。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです