メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

パリ協定批准 米中の思惑一致 オバマ氏「レガシー」作り/習氏「責任ある大国」誇示

 米中両国が3日、地球温暖化防止の新たな枠組み「パリ協定」を批准し、地球規模の課題に協調して対処する姿勢をアピールした。任期満了まで5カ月を切ったオバマ米大統領は自らの「政治的遺産(レガシー)」を築いた形だ。習近平・中国国家主席にとっても米国と歩調を合わせて「責任ある大国」としてふるまうことで国際社会からの孤立を避ける狙いがあるとみられる。

 「米国と中国は中心的役割を果たしてきた。過去数年、我々が気候変動問題でリーダーシップを発揮したことで、地球規模の取り組みを大きく加速させることができた」。オバマ氏は3日の批准式典で米中協調の成果を強調した。中国は世界最大の発展途上国であり、世界最大の温室効果ガスの排出国。その中国を批准させた功績を自身のレガシーとしたい思惑がにじむ。

この記事は有料記事です。

残り2176文字(全文2515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです