メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

タイヤメーカー・ブリヂストン 創業者の石橋姓、英訳し逆さに

 世界首位のタイヤメーカー「ブリヂストン」。その社名は、創業者の石橋正二郎氏(故人)が、自動車用タイヤの製造を始めようとした際「海外でも通用しやすい英語の名前を」と、姓の石橋を「ストーンブリッヂ」と訳し、語呂を良くするため並び替えたことに由来する。1931年にタイヤを製造、販売する会社を設立した当時の社名は「ブリッヂストンタイヤ」だった。

 正二郎氏は、福岡県内で仕立物業を営む家に生まれた。父から家業を引き継ぐと、効率を上げるため「足袋専業」にするなど改革を進めた。第一次世界大戦後の不況時はゴム底を使って耐久性を高めた足袋を売り出し、生産開始5年目の27年には年産1000万足を達成、タイヤ事業進出の足がかりを作った。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです