メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

タイヤメーカー・ブリヂストン 創業者の石橋姓、英訳し逆さに

 世界首位のタイヤメーカー「ブリヂストン」。その社名は、創業者の石橋正二郎氏(故人)が、自動車用タイヤの製造を始めようとした際「海外でも通用しやすい英語の名前を」と、姓の石橋を「ストーンブリッヂ」と訳し、語呂を良くするため並び替えたことに由来する。1931年にタイヤを製造、販売する会社を設立した当時の社名は「ブリッヂストンタイヤ」だった。

 正二郎氏は、福岡県内で仕立物業を営む家に生まれた。父から家業を引き継ぐと、効率を上げるため「足袋専業」にするなど改革を進めた。第一次世界大戦後の不況時はゴム底を使って耐久性を高めた足袋を売り出し、生産開始5年目の27年には年産1000万足を達成、タイヤ事業進出の足がかりを作った。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

  5. インド南部で旅客機着陸失敗、17人死亡 滑走路で停止できず斜面落下

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです