メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 加藤九段、久々に順位戦勝利 54歳年下の若手降す

 <C級2組 加藤一二三九段VS八代弥五段>

 14歳7カ月で四段、プロ棋士になり、初の中学生棋士に。そして、現在は将棋界の現役最年長が加藤一二三九段だ。1940年1月1日生まれで、来年には77歳になる。

 最近はテレビのバラエティー番組にも多数出演するなど、将棋界でトップクラスの人気を誇る。今夏の東急百貨店将棋まつりにも出演し、元気にイベントを行った。だが、順位戦をはじめ各棋戦では苦戦が続いている。

 前々期にC級2組へ陥落して2勝8敗で降級点。前期は10戦全敗で2度目の降級点を取った。あと一つ降級…

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1318文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです