メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

村上陽一郎・評 『時代区分は本当に必要か?』=ジャック・ル=ゴフ著

 (藤原書店・2700円)

歴史記述はどうあるべきか を問う

 昔、そう、もう六十年以上前のこと、高校生の私は世界史の授業をとった。その教科書では、当然のように、古代、中世、近代という時代区分が用いられ、おまけに中世には「暗黒の」という形容語が付されていた。漠然とではあるが、しかしかなり強い違和があった。その違和は、大まかに二つの要素からなっていた。一つは「世界史」と銘打たれながら、ヨーロッパ的なこの三区分が、当然のように「世界」全体に当てはめられていること。もう一つは、ヨーロッパの中世の人は、自分たちの時代を「暗黒」はおろか、「中世」とさえ考えていたとは思えないこと。この二つである。私が曲がりなりにも、科学史という歴史学の中ではおよそマイナーな分野に向かった原点が、ここにあったと言える。

 だから、フェーヴルやブロック以来、ブローデルに至るフランス、アナール派の学統の仕事に触れたとき、彼…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです