青森県

農水産物輸出額が過去最高 リンゴがアジアで人気

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森を代表する農産物のリンゴも堅調で、輸出総額を押し上げた=青森県弘前市で
青森を代表する農産物のリンゴも堅調で、輸出総額を押し上げた=青森県弘前市で

 2015年の青森県の農水産物(加工食品含む)の輸出額は194億8500万円(前年比25%増)となり、現行の統計方式になった1985年以降、過去最高だったことが、日本貿易振興機構(ジェトロ)青森貿易情報センターの調査で分かった。北海道産ホタテの生産が減少する一方、中国でのホタテ人気もあり、青森県産ホタテの売れ行きが好調だったという。主力のリンゴも堅調で、輸出総額を押し上げた。

 農水産物の内訳はホタテなどの「水産物」が97億7800万円(前年比29.0%増)。このうちホタテは51億100万円(同185.9%増)と大幅な伸びを見せた。イカも4億9900万円(同43・5%増)と好調だったが、ナマコなどの軟体動物は12億2100万円(同48.8%減)と減った。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文576文字)

あわせて読みたい

注目の特集