メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

「ママネックレス」販売 SONRISA店長・勇上澄子さん

アクセサリー作りをする勇上澄子さん。「いつか娘たちにデザインのアドバイスをもらったり、一緒に作ったりできたらうれしい」と話す=兵庫県三田市で、倉田陶子撮影

育児中ならではの発想で

 シンプルなパールのネックレスや天然石の一粒ピアス、個性的な石を使ったブレスレット−−。アクセサリーのオンラインショップ「SONRISA(ソンリサ)」のサイトをのぞくと、女心をくすぐる作品が並んでいる。

 「子どもが生まれても働き続けられるママを増やしたい」。サイトを運営する勇上澄子さん(42)=兵庫県三田市=は、小学生の長女(9)と次女(7)の母親であると同時にアクセサリー作家でもある。子育て経験を生かし、赤ちゃんが引っ張っても切れない「ママネックレス」を販売するショップを6年前に開店した。たった一人で始めたSONRISAは今、育児と仕事を両立させたい母親たちが収入を得られる場所に育ち始めている。

 学生時代から海外で支援活動に関わりたいと考えていた。大学卒業後、IT企業でシステムエンジニア(SE…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2119文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです