メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ソーシャル・ビジネス

福岡在住のバングラデシュ人 技術者育成で母国支援 若者の雇用創出

 バングラデシュの無職の若者にコンピューターのプログラミングを教え、同国の失業対策につなげる福岡発の「ソーシャルビジネス」が軌道に乗りつつある。福岡市出身の会社経営者の男性らが首都ダッカで昨年スタートさせたプログラミングスクールには同国内での期待や関心も高まっている。【山下俊輔】

 プログラミングスクールのアイデアは、福岡市中央区でバングラデシュカレー店を営みながら、母国の無医村に病院を建てるための支援活動をしているズルフィカル・ハイダルさん(45)と、ハイダルさんの店の常連客で同市出身の会社経営、井原啓登(ひろと)さん(50)=横浜市在住=の間で生まれた。きっかけはハイダルさんから聞くバングラデシュに興味を持った井原さんが2年前に同国を訪れたことだった。

 街には職を持たない若者があふれていた。「彼らのために何かできないか」。そう思ったのは父親を中学生で…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1260文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです