メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

浜松 チンゲンサイ 歯ごたえと香りに自信 /東京

スーパーに並ぶ、青々とした浜松産チンゲンサイ=浜松市中区佐鳴台4の食品スーパー「遠鉄ストアフードワン佐鳴台店」で

障害者も生産に参加

 パリッとした歯ごたえと、華やかな香り。炒め物には欠かせない中国原産のチンゲンサイは、浜松市が生産量全国一。遠州地方の温かい日差しを浴びて育ったチンゲンサイは、さわやかな味がする。【竹田直人】

 日照時間が長く、冬場は霜も降りない温暖な浜松市の気候は、チンゲンサイの栽培に最適だ。「JA浜松とぴあ」によると、国内産の23%が静岡県で生産され、そのうち半分以上が浜松産。同JA管内では昨年度、58軒の農家が4968トンを生産し、販売高は約14億円に上った。

 全国各地のスーパーなどで、1把80円程度で買うことができる。地元では野菜炒めだけではなく、しゃぶし…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです