メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「松岩菩提」供養祭

朝鮮半島から強制連行…目尾炭鉱労働者 100人が参列、冥福祈る 小竹 /福岡

スクリーンの供養塔に献花し、冥福を祈る参列者たち

 第二次世界大戦中に災害や病気で亡くなった旧古河鉱業目尾(しゃかのお)炭鉱の労働者ら252柱の遺骨が眠る小竹町新多(にいだ)の「松岩菩提(しょうがんぼだい)」の供養祭が4日、同町中央公民館で約100人が参列して行われた。

 遺骨の大部分は朝鮮半島から強制的に連れて来られた人々。過酷な労働条件の中、落盤などの災害、病気や栄養失調などで命を落とし、敷地内の小竹合盟墓地に葬られた。

 閉山後、1992年に土地開発で墓地が破壊されたため、遺族や在日コリアンが中心になって「小竹町合盟供…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです