メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
余録

ターミナル駅に近い公園には…

[PR]

 ターミナル駅に近い公園には若者が居場所を求めてたむろする。東京の池袋西口公園もその一つ。ここを舞台にした作家、石田衣良(いしだいら)さんの小説がある。20年近く前に最初の単行本が出版されたシリーズ「池袋ウエストゲートパーク」だ▲事件に立ち向かう若者が主人公。爽快な青春小説だが街の危険な香りも漂う。シリーズには対立する二つの不良グループが登場する。それぞれ同じ色の服に身を包み、帰属意識を確かめる。「カラーギャング」と呼ばれ、かつて池袋周辺にも実際にいたが、今では見かけない▲埼玉県東松山市の河川敷で16歳の井上翼(いのうえつばさ)さんが殺害された。遊び仲間だった17歳から14歳の少年5人が逮捕された。同じ赤い服を着て「パズル」というカラーギャングを名乗った▲井上さんはメンバーと知り合って間もなく「使い走り」をさせられていたようだ。逃れようとして集団で暴行されたという。彼らは暴力によって井上さんを引き留めようとしたのだろうか▲「パズル」を以前から知る地元の男性は言う。「話してみると一人一人はおとなしい。かつての不良とは違う。今どきの少年だ」。ギャングと呼ぶにはあまりに幼い。逮捕された17歳と16歳の少年はどちらも高校を中退して無職だった。井上さんも高校を中退している。「パズル」は彼らがたどりついた唯一の居場所だったのかもしれない▲事件現場の河川敷では同年代の若者たちが花束を供え、悔しそうに目を閉じて手を合わせる。同じような光景を見た川崎の中1殺害事件から1年半。少年たちの凶行はなぜこうも続くのか。大人は現実の前に立ち尽くすだけでいいのか。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

    3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

    4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

    5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです