メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

価値基準の違い「パワハラ」に

21世紀職業財団が開いた講座「ハラスメント〜これだけは知っておこう」=東京都千代田区で

 職場のパワーハラスメント(パワハラ)被害について聞く機会が増えている。都道府県労働局の総合労働相談コーナーで受け付けた相談件数は、2012年から「いじめ・嫌がらせ」がトップになり、今も増加中。知らないうちにパワハラの加害者になっている可能性はないだろうか。

 21世紀職業財団が8月、東京都内で開いた講座「ハラスメント〜これだけは知っておこう」。管理職や相談窓口の担当者らがクイズに挑戦したり、話し合ったりした。

 東京都内の団体職員の男性(55)は「職場の飲み会への受け止め方が世代で違う。仕事を覚える場と思っていたのですが」と困惑した様子。自治体の住民向け相談窓口の部署で管理職になった女性(50)は「窓口に来る外部の人の価値観も多様化しており学んでおきたかった」と話した。講座を企画する河上隆セミナー事業部長によると、講座終了直後から「訴えを受け、聞き取りする力を向上させたい」などの相談が寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです