メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臭いケア

企業でセミナー・検定も 「気にしすぎ」の声も

「においケアセミナー」で体臭のサンプルを嗅ぐ参加者=東京都江東区で、庄司哲也撮影

 まだまだ暑い日が続き汗や皮脂が原因の体臭が気になる。臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメルハラスメント」(スメハラ)という言葉が出回るなど、体臭に限らず口臭や香水に気を配るのはエチケットになりつつある。そんな中、臭いケアに取り組む企業も出始めた。私たちは「無臭社会」に向かっている?【庄司哲也】

 「それでは実際に脂臭、加齢臭を嗅いでもらいます」。講師の呼び掛けで、臭いのサンプルが入った小瓶を鼻に近づけた参加者が思わず「うあー」と声を上げ、顔をしかめた。男性用化粧品のマンダムが8月中旬に開いた「においケアセミナー」の一場面。この日は、ソフトバンクの店舗スタッフや社内教育担当者ら約40人が参加した。体臭が発生する原因や、臭いを抑えるデオドラント剤の使い方などを学ぶのが目的だ。

 受講したソフトバンクのクルー支援部の岡部泰子さんは「体臭は非常にデリケートな問題で、スタッフらに面…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです