EBウイルス感染症

病気周知へ 急逝声優仲間がイベント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
CAEBVで亡くなった松来未祐さん=2014年撮影、イベント実行委提供
CAEBVで亡くなった松来未祐さん=2014年撮影、イベント実行委提供

 多くの人が感染するウイルスが、重病を引き起こすことを知ってほしい−−。「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」のため昨年10月に38歳で急逝した人気声優の松来未祐(まつき・みゆ)さん=広島県呉市出身=をしのび、声優仲間や友人が11日、東京都内でチャリティーイベントを開く。病気の周知を図り、収益をCAEBVの研究のため寄付する。

 CAEBVはまれな病気で医師の間でも認知度が低く、体のさまざまな場所で炎症が起こって個人によって症状が違うため、診断が遅れがちだ。松来さんが体調を崩したのは2013年。高熱とリンパ節の腫れで複数の医療機関を受診したが、診断はいつも「異常なし」だった。15年6月になってCAEBVと診断され入院し、9月に一時退院したがその後容体が悪化して10月末に亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文933文字)

あわせて読みたい

ニュース特集