メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
バングラデシュ支援

福岡発のソーシャルビジネス軌道に

ダッカのプログラミングスクールで学生に授業内容などを説明する井原さん(左)=井原さん提供

 バングラデシュの無職の若者にコンピューターのプログラミングを教え、同国の失業対策につなげる福岡発の「ソーシャルビジネス」が軌道に乗りつつある。福岡市出身の会社経営者の男性らが首都ダッカで昨年スタートさせたプログラミングスクールには同国内での期待や関心も高まっている。

 プログラミングスクールのアイデアは、福岡市中央区でバングラデシュカレー店を営みながら、母国の無医村に病院を建てるための支援活動をしているズルフィカル・ハイダルさん(45)と、ハイダルさんの店の常連客で同市出身の会社経営、井原啓登(ひろと)さん(50)=横浜市在住=の間で生まれた。きっかけはハイダルさんから聞くバングラデシュに興味を持った井原さんが2年前に同国を訪れたことだった。

 街には職を持たない若者があふれていた。「彼らのために何かできないか」。そう思ったのは父親を中学生で…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1262文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです