マザー・テレサ

「聖人」に…死去から19年、異例の早さ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インド・カルカッタの施設で少年の手を握るマザー・テレサ=1990年撮影
インド・カルカッタの施設で少年の手を握るマザー・テレサ=1990年撮影

 【ローマ福島良典】インドで貧者救済に生涯をささげ、ノーベル平和賞を受賞した修道女、マザー・テレサ(1910〜97年)をキリスト教カトリック最高位の崇敬対象「聖人」とたたえる式典「列聖式」が4日、バチカンのサンピエトロ広場で開かれた。死去から19年の早さで聖人となり、全世界のカトリック信徒の模範としてのお墨付きを得た。フランシスコ・ローマ法王が掲げる「貧者の教会」路線に弾みを付ける追い風となる。

 カトリック教会は「いつくしみの特別聖年」(11月20日まで)の期間中で、式典にはカトリック信徒ら約12万人が集まり、インドやアルバニアなどから他宗教の信徒も参加。フランシスコ法王は「マザー・テレサは人命を守るために献身し、世界の大国が自ら作り出した貧困の罪を認めるよう声を上げた」とたたえ、式典後に貧困者ら1500人にピザをふるまった。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文1002文字)

あわせて読みたい

ニュース特集