メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スカイツリー

外国人が避難訓練…東京五輪を控え

日本語が話せない外国人の避難誘導を想定して行われた訓練=東京都墨田区の東京スカイツリーで2016年9月4日午前9時13分、宮武祐希撮影

 東京都の合同総合防災訓練が4日、墨田、葛飾両区で行われ、2020年東京五輪・パラリンピックを控え、インバウンド(訪日外国人)も増える中、東京スカイツリー(墨田区)では外国人観光客に対する避難誘導訓練が初めて実施された。

 スカイツリーの訓練は外資系企業に勤める都内在住の外国人を観光客に見立てるなど、29カ国約100人の外国人が参加して行われた。うち30人がスカイツリーの展望台「天望…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです