メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

作家・平野啓一郎×世界的ギタリスト・福田進一の豪華コラボ タイアップCD発売

発売されるタイアップCD「マチネの終わりに」

 毎日新聞連載中から「40代の恋が切なすぎる」と話題になった小説「マチネの終わりに」(平野啓一郎著/毎日新聞出版)で、主人公のクラシックギタリスト・薪野が演奏するギター曲を収録したタイアップCD「マチネの終わりに」が発売される。

 「マチネの終わりに」では、薪野と国際ジャーナリスト・洋子が互いの想いを深めていくなかで数々の名曲が登場し、読者を物語世界に陶酔させる。「小説に出てくる音楽を聴きたい」という読者の要望を受け、CDが発売されることになった。演奏は、世界的ギタリストの福田進一氏。福田氏は、小説の構想段階から関わっており、今回は平野氏とともに選曲もした。

 さらに、薪野と洋子を運命づけた架空の映画音楽「幸福の硬貨」が、気鋭の作曲家・林そよかさんによるオリジナル曲として再現されており、ネットでは早くも読者の歓迎の声があがっている。CDジャケットデザインは、連載時の挿絵、本の装丁を担当した石井正信氏。10月19日、日本コロムビアより発売。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです