メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ティエリー・トグルドーの憂鬱

プライドを失った男の諦念と幻滅の無表情

 失業した男の職探し。現代的でわかりやすい設定ですが、最後にひねりが加わっています。

 舞台は現代フランス。ティエリー・トグルドーは初老にさしかかった年齢なのに、工場の職を失ってしまった。妻子とともにアパートに暮らしていますが、障害を抱えた息子はまだ高校生。不当解雇だ、会社を訴えようと頑張る仲間から離れ、新たな仕事を探しても、うまくゆきません。クレーン操縦の研修を受けても、現場経験がないという理由から雇ってもらえない。スカイプで面接を受けても、採用される可能性は少ないと言い渡されるだけ。息子の成績は下がるし、失業保険が減額されると住んでいるアパートのローンも払えなくなるし、お先真っ暗です。

 ムルナウの「最後の人」やデ・シーカの「自転車泥棒」をはじめとして、男の失業というテーマは、映画の王…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです