メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
藤原帰一の映画愛

ティエリー・トグルドーの憂鬱

プライドを失った男の諦念と幻滅の無表情

 失業した男の職探し。現代的でわかりやすい設定ですが、最後にひねりが加わっています。

 舞台は現代フランス。ティエリー・トグルドーは初老にさしかかった年齢なのに、工場の職を失ってしまった。妻子とともにアパートに暮らしていますが、障害を抱えた息子はまだ高校生。不当解雇だ、会社を訴えようと頑張る仲間から離れ、新たな仕事を探しても、うまくゆきません。クレーン操縦の研修を受けても、現場経験がないという理由から雇ってもらえない。スカイプで面接を受けても、採用される可能性は少ないと言い渡されるだけ。息子の成績は下がるし、失業保険が減額されると住んでいるアパートのローンも払えなくなるし、お先真っ暗です。

 ムルナウの「最後の人」やデ・シーカの「自転車泥棒」をはじめとして、男の失業というテーマは、映画の王…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1624文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです