メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
競走馬育成施設計画

大津に民間で関西最大級 認可取り消し求め、土地改良区は提訴 「水質汚染で農業被害」 /滋賀

競走馬育成施設の建設が計画されている予定地(中央)。隣接して水田が広がる。左手前は大津市立伊香立中学校、奥は琵琶湖大橋=大津市で、本社ヘリから森園道子撮影

 大津市伊香立下在地町の丘陵地で、大規模な競走馬育成施設を作る計画が進んでいる。総面積は約71ヘクタール、360頭を収容可能で、北海道と兵庫県南あわじ市に同様の施設を持つ「チャンピオンズファーム」(北海道日高町)が運営する。JRA(日本中央競馬会)を除く民間では関西で最大規模になる見込みだ。一方、糞(ふん)尿などで農業用水が汚染されると反対する地元の土地改良区は5日、市に対し土地区画整理事業の認可取り消しを求める訴訟を大津地裁に起こした。【田中将隆、大原一城】

 計画地は都市再生機構(UR)が所有し、過去に県や市などとの開発が頓挫した「びわこサイエンスパーク」…

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2170文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです