堺環濠都市遺跡

発掘調査 中世の濠の一部確認 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
発掘調査で確認された中世の濠=堺市堺区熊野町東5丁の市立熊野小学校で、椋田佳代撮影
発掘調査で確認された中世の濠=堺市堺区熊野町東5丁の市立熊野小学校で、椋田佳代撮影

 堺市は5日、濠(ほり)で囲まれた室町から江戸時代の旧市街の遺跡「堺環濠都市遺跡」(堺市堺区)の発掘調査で、中世の濠の一部を確認したと発表した。濠を埋める過程でゴミ穴として使われたくぼ地から17世紀半ばの古伊万里などの陶磁器や鋳型が見つかり、市文化財課は「当時の生活を知る資料」としている。

 環濠都市遺跡は市北西部の南北約3キロ、東西約1キロの範囲にある。市立熊野小学校の…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集