なにわ人模様

アイプラグ社長・中野智哉さん /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アイプラグ社長の中野智哉さん=中西満撮影
アイプラグ社長の中野智哉さん=中西満撮影

ベンチャー支援へ団体設立 西中島・中津から世界へ 中野智哉さん(37)

 7月、西中島・中津地区のベンチャー企業支援団体「にしなかバレー」を発足させ、代表に就任した。西中島の「にし(西)」、中津の「なか(中)」で「にしなか」。新大阪駅から半径2キロのベンチャー経営者に呼びかけ、19社が参加した。今後メンバーを増やし、米シリコンバレーや東京・渋谷の「ビットバレー」の大阪版を目指す。「この地区で生まれた企業が全国、世界を目指す場所にしたい」と張り切る。

 企業の採用・学生の就職支援を手がける「i−plug(アイプラグ)」を西中島で2012年に創業、社長を務める。生まれは兵庫県新宮町(現・たつの市)。01年に中京大経営学部を卒業後、加古川市の求人広告会社に就職したが、4カ月で退職した。その後、人材会社「インテリジェンス」で10年間勤務。若者の希望と仕事の実態が合わないミスマッチの多さを痛感、「就職活動に新しいビジネスモデルを作る」と独立した。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文956文字)

あわせて読みたい

注目の特集