メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわ人模様

アイプラグ社長・中野智哉さん /大阪

アイプラグ社長の中野智哉さん=中西満撮影

 7月、西中島・中津地区のベンチャー企業支援団体「にしなかバレー」を発足させ、代表に就任した。西中島の「にし(西)」、中津の「なか(中)」で「にしなか」。新大阪駅から半径2キロのベンチャー経営者に呼びかけ、19社が参加した。今後メンバーを増やし、米シリコンバレーや東京・渋谷の「ビットバレー」の大阪版を目指す。「この地区で生まれた企業が全国、世界を目指す場所にしたい」と張り切る。

 企業の採用・学生の就職支援を手がける「i−plug(アイプラグ)」を西中島で2012年に創業、社長を務める。生まれは兵庫県新宮町(現・たつの市)。01年に中京大経営学部を卒業後、加古川市の求人広告会社に就職したが、4カ月で退職した。その後、人材会社「インテリジェンス」で10年間勤務。若者の希望と仕事の実態が合わないミスマッチの多さを痛感、「就職活動に新しいビジネスモデルを作る」と独立した。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです