メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

死因が老衰、初認定 熊本市の震災関連死31人に /熊本

 熊本市は5日、熊本地震による震災関連死として死因が老衰の例を初めて認定した。同市は4月16日〜5月31日に亡くなった60〜90代の男女7人を新たに認定し、同市の震災関連死は31人となった。

 市によると、老衰で亡くなった高齢者は、被災した市内の福祉施設から別の施設に移動したが、体調が悪化したため元の施設に戻った当日に亡くなった。審査会は「移動や環境の変化がストレスになり、死期を早めた」と関連死認定した。

 また前震と本震で車中泊をした後、自宅で入浴中に湯船の中で亡くなっているのが見つかった例も認定され、審査会は「地震のストレスによる睡眠不足があり、意識を失った可能性がある」とした。一方で車中泊や避難所生活をせずに6月7日に亡くなった80代女性は「関連死として認定すべきでない」として申請を却下した。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. ORICON NEWS 和田アキ子、志村けんさん追悼「本当に残念」 飲み屋での思い出も回顧[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです