メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツは今

リオを前に/上 入院中の体験、かぎ 専門家の支え課題

茨城県立医療大での車いすバスケットボールの体験会に参加する阿部公一さん(中央奥)=茨城県阿見町の同大で2016年1月

 車いすバスケットボールとの出合いが人生に張り合いを生んでいる。千葉県柏市の阿部公一さん(26)は、座ったままできる仕事の職業訓練を受けながら月3回、練習のため茨城県阿見町の県立医療大の体育館に通う。

 2014年11月に原因不明の高熱が出て、その後に脊髄(せきずい)の病気と診断された。下半身が動かなくなり、車いす生活となった。

 同大学の付属病院に入院し、ふさぎこみ将来への不安も感じていた昨年10月、理学療法士に車いすバスケの体験会に誘われた。「年上の男性も中学生くらいの女の子もリングにシュートが届くのに、自分は届かなかった」。初めて参加した時は悔しく、自分の体の状態も思い知らされた。それでも負けてたまるかと思った。体験会への参加を続けた。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです