メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

アイドルファン「事務所側、現金を強要」 名古屋地裁

 アイドル事務所を運営する名古屋市の飲食店経営者の男性(35)から現金を脅し取られて精神的苦痛を受けたとして、20代のファンの男性2人が経営者を相手取り慰謝料など計750万円の損害賠償を求める訴訟を5日、名古屋地裁に起こした。

 訴状によると、経営者は同市中区の繁華街を拠点に活動するアイドルのマネジメントをしている。

 訴えた2人はアイドルの女性と私的に連絡を取っていたことを理由に経営者から「ビジネスの邪魔をした」などと威圧された上、消費者金融から金を借り入れるよう強要され、今年1〜4月にそれぞれ現金300万円と80万円を脅し取られたとしている。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです