メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

切符のメモリー

土浦から東京電環ゆきと準急券

土浦から東京電環ゆきと準急券

 1等の乗車券と準急時代のひたち。この時代のひたちも現在と同様、全車座席指定だった。


     1872(明治5)年の鉄道開通とともに140年以上にわたって日本で使われてきた切符。1枚の小さな紙片には、発行された当時の世相や空気が凝縮されています。明治から現代まで「切符のメモリー」を写真で紹介します=随時更新

     <資料提供>食堂ほんだ(茨城県大洗町)。地元では「いつもの食堂」と呼ばれる人気店。主人が鉄道好きで知られ、店内にはさまざまな鉄道関連のものがあり、切符は数万枚を収集している。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
    4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
    5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです