メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

老衰も震災関連死に初認定 「死期早めた」

 熊本市は5日、熊本地震による震災関連死として死因が老衰の例を初めて認定した。同市は4月16日〜5月31日に亡くなった60〜90代の男女7人を新たに認定し、同市の震災関連死は31人となった。

 市によると、老衰で亡くなった高齢者は、被災した市内の福祉施設から別の施設に移動したが、体調が悪化したため元の施設に戻った当日に亡くなった。審査会は「移動や環境の変化がストレスになり、死期を早めた」と関連死認定した。

 また前震と本震で車中泊をした後、自宅で入浴中に湯船の中で亡くなっているのが見つかった例も認定され、審査会は「地震のストレスによる睡眠不足があり、意識を失った可能性がある」とした。一方で車中泊や避難所生活をせずに6月7日に亡くなった80代女性は「関連死として認定すべきでない」として申請を却下した。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです