メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ振興協定

日体大と別府市 「夢は五輪選手育成」 子供の能力開発・高齢者健康作り指導 /大分

協定を結んだ松浪理事長(右)と長野市長

 別府市は日本体育大と「体育・スポーツ振興に関する協定」を結んだ。日体大の松浪健四郎理事長と長野恭紘市長が6日、市役所で調印した。同大教授陣のノウハウで、子供たちのスポーツへの意欲を後押しし、高齢者には健康体力維持を指導する。「別府出身の五輪選手の輩出が夢」という。

 同大は2年前から全国の自治体と同様の協定を結び、別府市は41番目。県内では初の締結となった。

 松浪理事長によると、これまでの五輪で同大関係者はメダル127個(うち金は38個)を獲得している。これは日本のメダル全体の28.5%という。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです