メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

第3部 AYA世代の試練/1(その1) 職失う若い患者 企業の理解乏しく

 「会社にもう少しがん患者への理解があったら、続けていられたのですが」。東海地方に住む産業カウンセラーの田中孝憲さん(42)は寂しげな表情で、かばんから紙を取り出した。33歳の時、がん治療のため退職に追いやられた田中さんが、失業保険を申請したときの書類のコピー。退職理由の欄には「休職期間満了」と記されていた。

 機械系エンジニアとして働いていた田中さんが下腹部に痛みを感じたのは2007年1月。3カ月後に精巣がんと判明した。すぐに手術したが、8月にリンパ節への転移が見つかった。10月から抗がん剤治療を始めるため、田中さんは休職することになった。

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです