メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

貯蔵施設は十分?=回答・柳楽未来

タンクは限界寸前 続く「自転車操業」

 なるほドリ 東京(とうきょう)電力(でんりょく)福島(ふくしま)第(だい)1原発(げんぱつ)事故(じこ)から5年半経過するけど、汚染水(おせんすい)をためているタンクは間に合っているの?

 記者 東電は汚染水をためるタンクの建設を続けています。すでに約1000基(容量約100万トン)あり、たまった汚染水量は約89万トンに上ります。容量の89%に達し、ドラム缶に換算(かんさん)すると約450万本に相当します。東電は容量を増やすため、7月からはかつて高濃度(こうのうど)汚染水を入れていた解体予定のタンクに、処理後の水の一部を入れてしのいでおり、「自転車操業(じてんしゃそうぎょう)」の状況です。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです