メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

天皇陛下おことば英訳、明確 「生前退位」海外理解深めた 東大教授のR・キャンベルさんに聞く

=中村藍撮影

 天皇陛下が8月8日にビデオメッセージで公表された象徴としての務めについてのおことばは、宮内庁が英訳文をホームページに掲載している。陛下のお気持ちを国内外に広く伝えることが目的だ。生前退位の意向がにじむおことばは、英語でどのように表現され、どう伝わったのか。日本文学研究者のロバート・キャンベル東大教授に聞いた。【聞き手・山田奈緒】

 「退位」を直接的に表す単語は原文(日本語文)と同様、英訳の中にもないが、陛下のお気持ちは伝わってくる。「私(I)」「天皇(the Emperor)」という主体と具体的な考え方がはっきりと示され、あいまいな表現はほとんどないため、解釈を補う必要がない。全体を通して忠実に訳されているが、英訳の方が原文よりも断定的で、意味を明確に伝えていると感じる部分もある。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです