メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

自然を活用した新素材 木の繊維使った「セルロースナノファイバー」に期待

 生物を利用したり、自然界からヒントを得たりして作った新素材が注目を集めている。代表例が、木の繊維を使った「セルロースナノファイバー(CNF)」だ。鉄よりも軽くて強いCNFは、森林資源の活用や二酸化炭素(CO2)の排出削減につながると期待される。

 木は折れやすいイメージがあるが、CNFは鉄の5分の1の重さで5倍の強度を持つ。紙の原料になる木材パルプに水と触媒を入れてかき混ぜると、3ナノメートル(ナノは10億分の1)ほどの微小な繊維がばらばらに解きほぐされてできる。

 CNFは合成樹脂と混ぜ合わせ、素材として活用する。自動車の軽量化によるCO2の削減に貢献することが…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです