中国大使館テロ

「ウイグル独立派の犯行」キルギス発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ杉尾直哉】中央アジア・キルギスの首都ビシケクの中国大使館で8月30日に起きた自爆テロ事件で、キルギス国家安全保障委員会は6日、「タジキスタン国籍を持つウイグル族の男(33)による犯行と断定した」と発表した。インタファクス通信が伝えた。

 男は中国・新疆ウイグル自治区の独立を主張する「東トル…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

あわせて読みたい

注目の特集