メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

はしか拡大、発症38人…第3波の防止カギ

 関西国際空港ではしかの感染が広がっている。厚生労働省などによると8月中旬〜9月6日に関空の従業員33人、医療関係者2人、利用客3人の少なくとも計38人の発症が確認された。今後もさらなる拡大が懸念されており、大阪府は7日、近畿2府4県の自治体の感染症対策担当者を集めて緊急会議を開く。

 症状が最初に現れたのは8月9日。国際線カウンターなどで接客を担当する20代の女性従業員だった。厚労省によると、同日以降に発症した利用客3人は7月31日に関空にいた。このため、同省は4人がこの時期に関空にいた別の人物から感染したとみている。

 その後、従業員と接触した医療関係者らが次々に発症。利用客1人については家族や8月に行った千葉市のコ…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです