メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

比田勝尚喜・長崎県対馬市長

比田勝尚喜氏

伝統と未来が重なる課題先進地域

 国境の島であるがゆえに直面する課題は多い。膨大な漂着ゴミの処理、日本で初めて侵入したツマアカスズメバチの防除、日本屈指の水産資源の保護、国内希少野生動植物種のツシマヤマネコの保護、急増する韓国人観光客への対応や増加に伴う文化摩擦、仏像の盗難など、実にさまざまだ。

 国境離島固有の課題のみならず、少子高齢化や過疎化によって生じる雇用や教育、交通、医療、福祉等の市民生活面での課題も山積し、その姿は本土が直面するであろう10年先の姿が現れているといって過言ではない。

 アメリカの留学生で対馬に研修に来た学生が、海外から見た対馬の面白さとして「日本自体が課題先進国。そ…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです