メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 なかなか挑戦的な邦題である。On7「ま○この話〜あるいはヴァギナ・モノローグス〜」(イヴ・エンスラー作、谷賢一訳・演出、7月14〜18日、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ)。性的なもの、こと女性器については口に出すのもはばかられる社会において、引いた人もいたに違いない。

 けれど、老舗の新劇系劇団所属の女優7人(小暮智美、尾身美詞、安藤瞳、渋谷はるか、吉田久美、保亜美、宮山知衣)の勇気ある挑戦と、そこにがっぷり組んだ気鋭の演出家が創り出した“性と生”の世界は、スタイリッシュでポップ。ストレートなエネルギーが終始、心を揺さぶった。先入観って、なんてやっかいなものなんだろう。

 ファッションショーのランウエーから一気にカジュアルをまとう小粋な序章に始まり、生命の神秘をたたえる…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文738文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです