大倉高原山の家

明け渡し提訴 秦野市、営業の男性相手取り /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 秦野市は7日までに、市が所有する同市堀山下の「大倉高原山の家」を再整備するため、山小屋を営業する茅ケ崎市在住の男性(68)を相手取り、建物の明け渡しを求める訴訟を横浜地裁に起こした。提訴について、同市議会が全会一致で可決しているが、男性は「実質的に39年間もやってきた。何でやめなければいけないのか」と市の対応に不信感を募らせている。

 山の家(木造平屋建て、約70平方メートル)は、丹沢・大倉登山口から塔ノ岳に向かう途中にある。1951年に県が建設し、60年から同市に移管された。当初は別の男性と賃貸借契約を結んでいたが、この男性の死去で、99年から現在の男性と1年更新の契約を結んでいた。男性は契約以前から山の家のサポートをしていたという。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文599文字)

あわせて読みたい

注目の特集