メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

チベット難民の望郷、映像で 柳田・テンジンさん夫妻、上映会 /長野

 故郷に焦がれるチベット難民の心を描いたドキュメンタリー「ブリンギング・チベット・ホーム〜故郷を引き寄せて〜」が今月、長野と東京で公開される。日本語への翻訳から字幕製作、上映会開催まで、独力で奔走したのは松本市横田の柳田祥子さん(35)と夫でチベット出身のゲニェン・テンジンさん(33)。米在住のテンジン・ツェテン・チョクレイ監督(38)を招き、長野市で11日、松本市で17日に上映する。【藤田祐子】

 映画は、テンジン監督の幼なじみで米ニューヨーク在住の現代アーティスト、テンジン・リグドルさん(34)が2011年に1年5カ月かけて実現したアート・プロジェクトに密着。リグドルさんの父は「死ぬ前にもう一度、故郷チベットの土を踏みたい」と望みながら異境で亡くなった。父の遺志は民族の悲願でもあると痛感したリグドルさんは、チベットの土をインドの難民居住区に運び、故郷とは何かを表現しようとする。

この記事は有料記事です。

残り1121文字(全文1516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです