メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

福岡・3児死亡事故10年=平川昌範(西部報道部)

3児死亡事故から10年に合わせ、事故現場の前を通って特別取り締まりに向かう福岡県警の白バイ隊。現場には花束が供えられていた=福岡市東区の海の中道大橋で8月25日、志村一也撮影

危険運転罪、積極適用を

 2006年8月25日に福岡市東区の「海の中道大橋」で一家5人の乗った車が福岡市職員(当時)の飲酒運転する車に追突されて博多湾に転落し、幼いきょうだい3人が死亡した事故から10年が経過した。社会に衝撃を与え、飲酒運転に対する厳罰化の契機となった事故だが、今も飲酒運転は絶えない。課題を探るため、全国の飲酒事故の被害者遺族らを取材する中で見えてきたのは、飲酒運転の抑止力となるはずの危険運転致死傷罪の適用を巡る混乱だった。

この記事は有料記事です。

残り1683文字(全文1904文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです