メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大関豪栄道が引退の意向 2場所連続負け越しで陥落決定
未踏の世界へ

物質の新機能探す冒険 理化学研究所・創発物性科学研究センター長 十倉好紀さん

「これからも物質の新しい機能を研究していきたい」と語る十倉好紀さん=埼玉県和光市の理化学研究所で

十倉好紀(とくら・よしのり)さん(62)

 比較的高い温度でも電気抵抗がなくなる「高温超電導」や、物質に磁場をかけると電気抵抗が劇的に変化する「巨大磁気抵抗」など、物質の新しい性質の発見やその仕組みの解明に取り組んできた。「ジャングルで次から次へと新しい金脈を探している」。多くの種類の物質から、新しい機能を見つけ出す研究はまるで冒険だ。

 研究対象は、物質内で電子が相互に強く作用し、温度や磁場など外部の刺激で性質が大きく変わる「強相関電…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです