メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツは今

リオを前に/下 広がる公的支援 選手、社会の手本に

8月に行われた、あいおいニッセイ同和損保の壮行会。宮崎哲(左)には社員が激励の言葉を書き込んだ日の丸が贈られた=東京都渋谷区で、飯山太郎撮影

 今年2月、知的障害者水泳の宮崎哲(24)は東京都内の損害保険大手あいおいニッセイ同和損保本社で、視覚障害者水泳の小野智華子(21)とともに入社式に臨んだ。「パラリンピックでレースをする夢をかなえるため努力します」。言葉に詰まりスーツのポケットからメモを取り出しながら抱負を語った。

 2人は翌月にリオデジャネイロ大会の代表選考会を控えていた。入社式には障害者スポーツ団体の幹部も出席し、「プレッシャーをかけてはいけない」と前置きしながらも「リオに出て好成績を」との声が相次いだ。

 パラリンピックで21個のメダルを獲得した河合純一・日本身体障がい者水泳連盟会長(41)は入社式に出席した後、「この程度のプレッシャーに負けては世界で戦えないよ」と語った。「重圧は少し感じた」と苦笑いした2人だが、選考会でリオ切符を獲得した。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです